LINEで送る
Pocket

本来、人工知能は学習機能があるはずですが

今は、日本語対応もまだなので、コンテンツの最適化をAIが出来るまでにはなっていません

ネット上には様々なAIによるWEB制作システムがありますが、それぞれに良さと不便さがあります。

色んなシステムを実際に使用してみて、使い勝手やAIによるメリットなどを探ってみたいと思います。

現状では、日本語対応しているAIはありません

現状では、テキストを最適化してくれたり、UXを最適化してくれるAIは日本語対応していないので、使えません。英語対応では機能しているようなので、日本語対応を待つしかありません。

デザインを最適化してくれるAIも今のところ見つかりませんでしたが、CSSやHTMLのコーディングをしなくても、自由にデザインできるAIはあります。その代表的なものがPageCloudです。

ただ、作成したページをダウンロードして自分の好きなドメインにアップロードすることは出来ません。

日本語版としては、まだまだ未成熟なAIですが、これからの進歩が楽しみです

Firedropはテキストを入力して60秒でWEBサイトをデザインとページ構成を作成してくれるそうです。さらにユーザーのニーズを学習して自動でデザインを改善できるという代物。日本語版の登場が待たれるところですが、同様のシステムが日本で開発されて登場することも考えられます。

Wixは日本語対応もしているAIです

Wixは、他のAIとは違って日本語に対応しています。Wixの説明をする動画も日本語でした。ナビゲーションも日本語なので、ページ制作には特に苦労はありません。あとは、学習機能があるのかどうかです。

ただ、サイト名に日本語を記載することが出来ず、titleでSEOは出来ません。これは、サイト名がそのままURLに反映されるからです。

どのAIも動作はかなり重いです

実際にAI(人工知能)を使ってWEB制作しようとすると、動作が重く、反応がとても遅いです。複数のページに渡るWEBサイトを制作しようとするとかなりの辛抱が必要で、まだまだ実用段階では無いと言う感じはします。

現在の使用感としては、AI(人工知能)の凄さは感じません

これまで使用した範囲では、AIだからの凄さやAIの学習機能などは全く感じることが出来ません。もっともっと使用を続けて行けばAIの良さを感じることが出来るかも知れません。

いろんな使い方を試してみたいと思います。